一日単位で入ることが出来る保険に加入しておくと安心安全に使える

旅行やビジネスでレンタカーを使う際の一つ目のポイントとして、まずは「一日単位で入ることが出来る保険に加入しておく」ということが挙げられます。レンタルする際にスタッフに確認されることが殆どですし、それほど高いものではありませんので、加入しておくことをおすすめします。

私は交代で運転することが多いので、人数分の保険に入ることにしています。例えば、車同士で接触しててしまった時、人間を傷つけてしまった時、物を破損してしまった時、鍵をなくしてしまった時など、さまざまな時に保険が効きますので、常に安心して運転をすることが出来ます。ただし、レンタカー会社によって保障の内容が異なりますので、初期段階でチェックしておいた方が良いでしょう。

最初の段階で、どのくらいの期間レンタルするかを決めておく

続いて、最初の段階でどのくらいの期間レンタルするかを決めておいた方が良いでしょう。レンタカー会社によって異なるのですが、通常は長く借りるとそれだけ割安になります。短い時間ほど割高になります。

公式ホームページで詳細を知ることが出来ますし、ネットで料金を計算することも出来ますので、旅行に出かける前に大体の金額を決めておくことが多いです。その方が、一人にかかる金額を概算で出すことも可能ですし、お得な割引などもチェックすることが出来ます。ネット予約で得ることが出来る割引率というのは意外と大きなものですので、現地で慌てて予約をするよりも非常にお得です。余計な時間や手間もかからないですしね。

喫煙可能なレンタカーか禁煙なのかをあらかじめチェックしておくこと

最後に、喫煙可能なレンタカーなのか、禁煙なのかをチェックしておくことも大切です。私たちの場合は、タバコを吸う人と吸えない人が混在していますので、必ず禁煙のレンタカーを選ぶようにしています。喫煙出来るレンタカーというのは意外と臭いがこもっていますので、タバコを吸えない人にとっては拷問に等しい時があります。そのまま酔ってしまうこともしばしばありました。

ですので、それ以降はレンタカーを選ぶ際には、必ず喫煙禁煙をチェックしています。逆に、どうしても車の中でタバコを吸いたい人は、必ず喫煙可能なレンタカーを借りた方が良いでしょう。禁煙車の中でタバコを吸ってしまった場合、追加料金を支払わなくてはいけないことが多々あります。